おかゆ断食

こんにちは。

もう12月になり今年もあと少しになりましたね!

当院は今年色々ありましたのであっという間に終わってしまう、という印象が強いように思います。

一時はどうなることかと思いましたが、こうやってまた治療院を再開できたのも皆様のお陰です。本当に感謝しております。

さて、話は変わりますが、現在私は『おかゆ絶食』なるものに取り組んでおります。

朝昼晩、食べるものはおかゆのみ、という健康法です。

最近、ストレスからなのか、飲食の不摂生からなのか、胸焼けや胃もたれが起こっていました。そこで、胃腸を一度休めるためにこの『おかゆ絶食』を3日間行うことにしました。

おかゆはお腹いっぱい食べてよいというルールなので、あまり辛くはないです。(実行中にグルメ番組を見るのはやめておいたほうがいいかも)

おかゆは作りたてと時間が経ったものとでは味の違いが大きいのでできれば温め直すのではなく、毎回、新しく作ったほうがいいと思います。

実行した結果です。

1日目 日中の眠気がほとんどなく、体が軽い感じ。排便なし。

2日目 体が軽い感じが続いているが、朝胸焼けがあった。排便なし。

3日目 胸焼けがだいぶ楽になった。日中の眠たさがなく、集中力も続く感覚。排便なし。この日の晩でおかゆ断食は終わり。

4日目(本日) 胸焼けは9割方なくなった。朝ごはんは鶏肉のおかゆにした。食後、排便があった。(色は普通だが、少し柔らかい感じ。)

以上が『おかゆ絶食』を行った報告です。

現代の病気の多くは飲食が原因になっていることはご存知だと思います。巷では「この食べ物が体に良い」というような宣伝をよく目にすると思います。しかし、現代の飽食の世の中では栄養が不足することを心配するよりも、食べ過ぎて病気になることを心配したほうが良いのでは、と思うことが多々あります。

皆様も参考にしてみてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. おかゆ断食

    2019.12.5

  2. Hello world!

    2019.06.12

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP